【お悩み相談Vol.3】強みのせいで、『ダークサイド』に落ちてないですか?

こんにちは!
ライティングパートナーの佐野なんですけど、
今日は中村さんにキレようと思います。

あの男、何回言っても守らないことあるんですよ。
これ、どっちが悪いと思います?

◆QAセッション

佐野
中村さん、なんでいつもイベントの資料を直前に僕に送ってくるんですか?
実況するから前日には送ってくれって言ってますよね?
インプットしないと質の高い実況できないんですよ。
もう3回目ですよ?なんで送らないんですか?
中村
うわ、ごめんなさい、、、俺の責任です。。。
佐野
いや、落ち込むとかいいんで。
どうやったらできるようになります?
中村
あ、ちょっと待って。いま言われてて思い出した。
いま佐野くんはダークサイドに落ちてるよね?
佐野
はい?責任転嫁ですか?
中村
落ち着け(笑)。佐野くんのその「良いものを何が何でもつくる」っていうのは最上志向の表れなんだよね。
でもそれが、まー俺が原因なんだけど(笑)、
いまは人を批判して無理に改善を促そうとしてるよね
佐野
む、確かに「やった方がいいと思ってるのになんでやらないんだよ」って
よく思うこと多いんですよね。
でも傷つけたいわけではないんですよ。
中村
まずは自分の最上志向、つまり今回でいえば「人は誰でも良いもののためには締切を守る」っていう考えを持っている自分を自覚することだね。
で、その後に自分と相手は違う目的を
持っているのではと考えることが大事。
佐野
今回で言えば、僕は締切を守ることを重視して、
中村さんは時間をかけて良いものを作ろうとしたってことですか?
中村
そうそう。自分と相手が違うってことが分かると、
自分の要求を無理に通そうとしなくなるよね。
よくある例だけど、空を飛べるかもめが、地面を掘る強みがあるもぐらに
「飛べないのやばくない?」って言わないよね。
佐野
それも今回で言えば締切守らない中村さんに
「締切守らないのやばくない?」って言ったってことですよね。
いや、守れし。
中村
大変申し訳ございません(笑)。

(インタビュアー:佐野創太

◆本日のセルフエッジポイント

  • 強みが反転して人を傷つけるダークサイドが表れる
  • 人と自分は違う目的を持っている存在であることを自覚する

◆編集後記

佐野
で、今週のイベントのスライドはいついただけるのでしょうか?
中村
送りまーす(・∀・)!!

◆用語解説:「最上志向」とは何か

・定義
卓越している人・物・コトに興味を持ち、
最高品質を目指す癖を指す

・強みとして表れる時
風邪をひいた時にも、風邪を治すだけでなく
「二度と体調を崩さない身体を手に入れよう」として
筋トレしたり、サプリを買ったりし始める。

・弱みに変換されてしまう時
「100点以外は無意味」と考えるので、
最高得点を目指さない人に「やる気ないの?」と批判的になる

◆質問先

ご質問は下記より受け付けています!
すべて答えられるかは分かりませんが
なるべくお答えします!

下記までどうぞ!
・twitter:@2sideEDGE
「Peing(ペイング) -質問箱」に投稿する(匿名で質問できます)
「マシュマロ」を投げる(匿名で質問できます)

◆中村プロフィールはこちら

投稿者プロフィール

中村勇気
中村勇気two edge ,LLC founder |パーソナルコーチ
two edge,LLC代表/人生を研ぎすます「WHEN EDGED」編集長/才能や価値観のパーソナルトレーニングプログラムSelfEdge提供中